トコジラミ駆除に役立つ情報を紹介【専門業者に依頼する方法が有効】

記事一覧

ねずみの被害を防ぐには

ネズミ

ねずみは家の中に置いた食料品を荒らしたりするばかりでなく、柱や家具を齧るなどして大切な資産に被害を及ぼします。ねずみ駆除の基本はまず室内の整理整頓を心がけることから始まりますが、専門の駆除業者に依頼して侵入防止のための工事を行ったりすることも重要です。

詳しく見る

業者依頼への依頼が人気

鼠捕りとねずみ

ねずみによる被害が大きい場合や建物の構造が把握しづらい場合などは、ねずみ駆除を業者に依頼するのが一般的です。駆除の可能性が素人が行うより段違いに高い事が主な理由ですが、捕獲後のねずみの処理をしてくれるというのも理由としてあり、ねずみを見るのも触るのも嫌という人から支持を受けています。

詳しく見る

効果的な駆除方法

シロアリ

シロアリが発生すると住宅に大きな被害をもたらす恐れがあるため、シロアリ対策が重要になる。シロアリでは発生した後の対策では、駆除に費用が多くかかる傾向がある。その為、発生前の対策を行い寄せ付けないことがポイントである。

詳しく見る

害獣捕獲には許可がいる

ハト

害獣の中には鳥獣保護法の対象になっているものが多く、捕獲するには許可が必要です。害獣駆除専門業者に依頼すれば駆除するための免許を取得しているので、すぐに対処してもらえます。捕獲する時に危険な目にあうこともなく、害獣の処分や清掃も依頼できます。

詳しく見る

家の中に生息しているかも

STOP PEST

トコジラミ駆除を自分で行なう際、事前にネット検索するなどして有効的な方法を調べてから、駆除に望むのが良いでしょう。燻煙系殺虫剤は間取りや家具の配置によっては、トコジラミが生息する隙間まで殺虫成分が届かない事があります。また、業者選定の際もネットは比較できるため、探しやすく便利です。

詳しく見る

業者によって完全駆除する

南京虫

海外による持ち込みもある

トコジラミは、吸血性の寄生昆虫です。トコジラミに吸血されると、患部が赤くなり激しい痒みに襲われます。南京虫とも呼ばれ、日本に古くから生息していました。戦後、トコジラミ被害は現象をしていましたが、近年は海外からの旅行者が持ち込む事例も増えてきています。海外からのトコジラミは強い殺虫剤に耐性がついている物も多く、なかなか駆除が難しい状況にあります。トコジラミは人の血を食料としますが血を吸わなくても1年以上生き延びることができます。そのため、トコジラミ駆除はを完全に行うことは困難です。トコジラミ駆除は自分でも行うことができます。ホームセンターなどで、市販のトコジラミ駆除スプレーなどの殺虫剤も販売されています。トコジラミが多く存在すると言われているベッド周りや畳などに噴射するだけで、トコジラミ駆除を行うことができます。定期的にスプレー等でトコジラミ駆除を行うと、被害を減らすことができます。しかし、完全駆除をしたい場合は、専門業者に依頼する方法が有効です。トコジラミは一生で役200個の卵を産むと言われています。また、飢餓や低温などに生活環境に対する耐性が非常に強い生物です。一度トコジラミが増加してしまうと駆除がより困難となります。専門業者はトコジラミの生息調査を行い、専門用具や薬品によって駆除をします。トコジラミに対する知識や豊富な経験を持つ専門業者に依頼をすれば、安心してトコジラミの駆除を任せることができます。

Copyright© 2018 トコジラミ駆除に役立つ情報を紹介【専門業者に依頼する方法が有効】 All Rights Reserved.