トコジラミ駆除に役立つ情報を紹介【専門業者に依頼する方法が有効】

記事一覧

ねずみの被害を防ぐには

ネズミ

まずは室内の整理整頓から

わが国には27種のねずみが生息していると言われてますが、その大半はいわゆる野ねずみです。しかしドブネズミ・クマネズミ・ハツカネズミの3種は家ねずみと呼ばれ、人家やその近くに生息し、害をなすことがあります。ねずみによる被害の代表的なものは、買い置きの食品を齧られてしまうというものです。ただ、ねずみは食べ物に限らず固い物を齧るという習性があるため、柱や家具などに被害が及ぶことがあります。時には電気の配線をショートさせたりすることもあります。こうした被害の痕跡を見つけた時は、速やかにねずみ駆除を行う必要があります。ねずみ駆除においてまず基本となるのは、ねずみを引き寄せるようなエサを与えないことです。食べ物を出しっ放しにしたり残飯を放置したりせず、こまめに整理するよう心がけます。また、野生のねずみは小枝や枯れ葉などを使って巣を作りますが、人間社会に適応したねずみは新聞紙や布、ビニール袋などを営巣の材料にすることがあります。こうした物を室内に散らかしておいたりしないようにすることも大事です。こうした対策を行っても被害に遭った時は、専門業者にねずみ駆除を依頼するのが賢明です。もちろん市販のわな等のねずみ駆除グッズを利用しても効果はありますが、問題はその後です。巣の場所や侵入経路を特定しないと、再び被害に遭うおそれがあります。抜本的な解決を目指すなら、専門業者に家の中をチェックしてもらい、侵入口をふさぐ工事をしたり巣そのものを駆除したりする対策が必要になります。

Copyright© 2018 トコジラミ駆除に役立つ情報を紹介【専門業者に依頼する方法が有効】 All Rights Reserved.